茶道教育

心の豊かさを育む、本学の基本教育「茶道」

茶道は、日本が誇る伝統文化の一つ。自然を愛でる心、禅や武士道といった哲学、和歌、俳句などの日本文化とも深い関係があります。洗練された茶室や庭園の芸術性、所作の美学、茶道に関する歴史や時代背景などについても理解を深め、心の豊かさ、もてなし(ホスピタリティ)の精神が培われます。

さらには、洗練された茶室や庭園の芸術性、茶を点てる所作の美学、茶道に関する歴史的・経済的背景などの周辺領域についても理解を深めることで、真の豊かさと思いやりの精神が培われるのです。



文部科学省「特色あるプログラム」に採択。

本学の取り組み「地域文化継承を核にした現代教養教育の展開」が、文部科学省による「平成18年度特色ある大学教育支援プログラム」に採択されました。これは、本学で50年以上継続している基礎科目「茶道文化」の教育が評価されたものです。


学びの特長

「茶道」から始まる「ひと」づくり

社会や地域に貢献できる人材を育成する上で、茶道教育には大きな意義があります。点前の修練とともに、茶道の総合芸術性を理解するため、自然、文学、哲学、歴史、経済、さらには身体、意識といった日本文化に関する幅広い教養を身につけます。おもてなしの心や無駄のない所作は、社会人、職業人に必要なマナーの習得にもつながります。本学では、「日本人の誇るべき徳性と品格の香り高さを身につけること」という建学の精神のもと、すべての学生に茶道の精神と作法を教授しています。
 
 



少人数教育による親密なコミュニケーション

必修科目である「茶道文化」は、6~8人の班に分け、班ごとに1人のA T( アシスタント・ティーチャー)を配置した少人数制です。すべての学生に点前を習得させるため、きめ細かな実技指導を行っています。所属学科以外の教職員とのコミュニケーションの機会も増えるので、学科を越えた学生理解、学生支援の強化にもつながっています。


TOPICS:茶道を通して、地域社会や海外との交流が生まれる

異文化理解を深めるきっかけに

本学では日本文化を海外で紹介する機会として、点前披露を中心とした交流事業(オーストラリア、イギリス、韓国、中国、台湾、フィリピン)を積極的に展開しています。またアメリカンスクールとの茶道交流会や外国人家族を招いて「異文化交流パーティ」を開催するなど、国際交流の推進にも努めています。

茶道交流を中心とした地域貢献

地元で生まれた茶道「鎮信流」に地域の方々に触れていただく機会として、学園祭での茶席や佐世保市街での「茶道大会」を行っています。全学科の学生がお客様をもてなす側として運営に携わり、お客様に喜んでいただけるよう、意識を高め合います。

 
 

  • 学内専用ポータル ACTIVE PORTAL
  • 長崎短期大学図書館
  • 情報公開
  • instagram
  • line
  • facebook
  • twitter

お問い合わせ

資料請求

SNSでシェア!

  • instagram
  • line
  • facebook
  • twitter